2018/11/23 久々のTED

『正義とは何か』

マイケル・サンデルのベストセラー

シアトルでの講演会で本人と出会った。

英語で内容難しかったけど、あの対話の話し方が印象的で感動。

哲学について考えてた時期だったり。

ゼミでの討論で、マイケルのこのベストセラーが課題図書だった。

正義とは、『社会的効用の最大化、最大効用』

それについて議論した。

それまであまり本を読まなかったけど、とても気に入った本だった。

だから留学中に偶然にも会えたことは感動した。シアトルに行ったのは運命だと思った。

 

そういえはいつの頃か、『選択の授業』

というテレビ番組にハマっていた。

ハーバード特別講義の。

 

日本でもこういう授業があれば面白いのに。

留学中に感じたのは、やはり授業の種類が違う。がっつり課題があり皆授業後は勉学に励むし、討論多く自分の意見を発言する機会が多く、自分の価値観や考えを考えさせる授業も多い。個々のライフプランやキャリアプラン、そもそも自分の価値観を見つける自己分析・他己分析の授業もあった。オンラインで討論する授業も。

 

選択の授業のテレビ番組の中で、

内向的な性格と内気は違う。

というのは勇気付けられた。

長年の呪縛から解放された感じもした。

 

留学中にハーバード大学に行ったことを思い出す。グローバル就活フェアに参加した時にボストンに行ったのだ。

マサチューセッツ工科大にも行き、そこでは日本語を学ぶ外国人に声をかけられた。

世界のトップの大学って違うなとオーラを感じた。ウェルカム感が強い。

日本の大学はある意味ではとても閉鎖的空間。

同類が固まって時を過ごしている。

友達が多いほど単位が取れる的な。

遊んで暮らせる大学時代が、本人達にとっては一番楽しい時期だろうけど、言っちゃえば中身のない、お金の無駄な4年間。

そういう時間も人生には必要なのかもしれないけれど。

 

上記の色々は数珠繋ぎに思い出したこと。

あれほどまで当時は感動したのに日常に忙殺され忘れていた、過去の感情が今回蘇ってきたのは、

同僚にTEDを勧められて、久々に見たからだ。

ある町工場の社長の、夢を持とう、という話。

久しく夢はもっていないなと切なくなった。

けれど、自分の人生から離れていたTEDを、

留学時代に観ていたことを思い出した。

人は当時感動して一生忘れないと思っても、忘れているんだな。

でも何かのきっかけに思い出す事がある。

 

選択の授業にはまっていた事を思い出したり。

正義を勉強したことを思い出したり。

 

子育てする上で何か活かせないかな…

教育とは何なのか

今の私には本当に夢はなくなってしまったのか

 

久々に内省できた。

やっぱり内省って大事。

内向的な内省って大事。

育児家事の普段もとても充実して得るものあるけれど、一人の時間の内省でしか得られない感覚がある。それを思い出す。

頭がパーっと暑くなる感じ。

開ける感じ。モヤモヤする感じ。

全て大事。

 

16/6/25 メンタル/色々な病名

家族親戚や、親しい人といる時でさえ、何人以上いると話ができない

少しでもストレスがかかると、逃げ出すようになっている

 

社会不安障害…社会的場面を恐れる

↓の中に

全般性社会不安障害

↓が重症化すると

回避性性格障害 …強い劣等感、あらゆる社会的状況を回避

 

不安障害の仲間

社会不安障害…社会的場面を恐れる

強迫性障害

パニック障害

・全般性社会不安障害…明確な理由わからず、慢性的な不安が続く、身体症状が続く

ストレス障害PTSDなど

 

恐怖症

社会不安障害

・特定恐怖症…特定のものや場所

広場恐怖症

 

社会不安障害と不安うつ病は併発多し

不安うつ病の症状のひとつとしての社会不安障害

 

4つの社会不安

あがり症

内気

回避性性格障害

社会恐怖

 

社会不安の人は、絶対的信念イコールスキーマを持っている。

例 尊敬されねばならない。

失敗してはならない。

うまく話さなくてはならない。

どもってはならない。

噛んではならない。

 

社会不安の人は、不安を感じる状況(他人の視線や評価を意識するような状況)のみにおいて、過剰な自意識がある。他人から見た自己イメージにとらわれ過ぎている。

その他の状況では普通。

 

本より。

自分の生きがいは、他人を巻き込まずに自分自身できちんと得ることがまず大切な基本。そのベースがあって初めて、他者と「欲望」を混入しない関係が結べる。これが「愛」への道筋。

 

17/3/14 社会に出て何者にもなれなかった

私が居心地の良い職場で働けることなんてあるのだろうか。

 

ないものだと思ってしまっている。

 

思えば、バイト先とかでも、居心地が良かったのは

ケーキ屋と物流会社かな。

ケーキ屋の時は、接客が楽しいとまで思っていた。みんながお祝い事で買いに来るケーキを得ることができる、幸せをお裾分けして頂いたようで、誕生日ケーキをお渡しする時に一言添えた時なんて、こちらもすごく嬉しかった。心を込めて接客したいと思っていた。

 

物流会社の時は、丁寧な仕事を認めてもらえてて、頼りにしてもらえてた実感があった。仲良くしてもらえてたし、お喋りも楽しかった。貿易の勉強にもなって、楽しかった。プライベートが酷かったけれど、そのぶんバイトが生きがいだった。

 

そんな人に恵まれた人生だっだからこそ、希望に満ちて社会に踏み出して、必死で食らいついて、その時の絶望感が凄まじかったのかもしれない。自分は何者にもなれず、この場ではどんなに頑張っても周りから信用を得られないのだということに気付いてしまったのだ…

頑張っても頑張っても人に嫌われることもあるんだ

 

17/2/21 誰かに寄り添ってもらうこと

私は、生まれた家族に、「寄り添ってもらった」実感がなかったのだと思う。

 

それがきっと、家族に、本当に悩んでいる時に悩み相談をしてこなかった所以だと思う。

 

だから私は、家族以外に心の拠り所を求めてきた。

 

(結果的には、そのことが家族の逆鱗に触れたのだけど…→私が家族と距離を置くきっかけとなる)

 

「誰かの心に寄り添う」って結構難しいことと思う。元々近い距離であればあるほど、もしかしたら難しいのかも。期待値が無意識に高くなっちゃうから。

 

寄り添うって、絶対私はあなたの味方だよ、ってことなのかな?味方は味方でも、叱咤激励してくれる味方じゃなくて、安定した居場所を与えてくれる人。どんな自分でも絶対に受け入れてくれる居場所。本当は弱音を吐きまくりたい…そんなダメな私でも認めてくれる居場所。こんな私でも大丈夫だと自信をつけさせてくれる、背中を押してくれる居場所。

そういう居場所が私は欲しかった。

 

 

16/8/25 子育てあるある?

とも吉衛門の長く寝るタイミングが、いつだかわからない。

寝た時に私も寝たいのだ。

 

全く寝ない日。

辛し辛し辛し。横になれない。

 

お昼くらいに寝る日。

「よしよし…今日は合格。(…何がだ…?)」

 

夕方寝ねる日。

もう今日は寝ないんじゃないかと辛し。

寝た時、「キター!!!!!」となる。(笑)

 

寝すぎる日。

「ラッキー!!!!!…お…寝すぎでは?暇だな何しようか…今まで何してたっけな」

 

 

1日2回くらい1時間くらい寝れたら合格だ。

 

最近は、徐々に日中はあまり寝ず、夜中に少し長めに寝るようになってきた。ありがたい!

そしてそして、力も強くなってきて、声も大きくなってきて、体重も重くなってきて、時折笑顔を見せるようになってきた!٩(*´꒳`*)۶!!!!!♪♪

成長を 感じる日々。

 

2017/9-11 内省/カウンセリング

私の人生にとってはどうでもいいような他人、先輩や姉や家族について長期間悩むせいで、自分の人生を犠牲にしないこと。

 

それだけ強い存在否定のような否定をくらったら、相手に対して恐怖心わくのは当然のこと。自然な感情だと自分を認めてあげることを目標の1つに。

とても辛かったけど、最終的には辞めずに、異動希望を言えて、最初の移動後も耐えて、席替えするまで耐えられたこと。

 

頑張った自分のことは、すごく頑張っていたと認めている。その点では自己肯定感はある。

 頑張った、のに認めてもらえなかった

すごく頑張っていた、けど相手の期待に応えられなかった

自分の中で、理想の自分と現実の自分に差があって、さらに、相手の中での私に対する理想と現実に差がある。二層にわたる地層のように、こうありたいという理想があって、両方ともに合致していないから、二段階で自己否定をくらう。

先輩のときも。

姉の時も。

幼い頃は、家族からの、私はこういう風だ、というレッテルのようなものに沿って生活しようと思っていた。無意識に。周囲から信頼を得て期待されれば、学級委員や部長もやって、自慢の子供であって褒められることが嬉しかった。頑張れば頑張るほど、あなたは姉と違って目立つタイプではないけれど、コツコツ頑張るタイプだ。影の努力家で、信頼されて、急に驚くべき結果を出す。

と言われた。

 

誰かに周囲に褒められたい。頑張ったことを認めてもらいたい。…という理想?自分のありたい姿?

失敗をしても良い、認められる、やり直せばいい…という状況を体験した事がない。周囲で見た事がない。

 

早く先輩を克服したい

 

姉、母とうまく付き合えるようになりたい

 

過敏に反応して失敗を繰り返したくない、今すぐ治ってほしい→怒られると怖いから、怒られると生活するのに息苦しいから

 

 

母に対しては、なぜイライラするのか

→姉と仲直りさせたがる、夫がイライラするから、母が夫の悪口を言うのが嫌だから、昔から、私の相談に親身になってくれない。真剣に話そうとしたことがないのもあるけど。でも、あなたはこういう〜な人間、という風に決め付けられて生きて来たから、腑に落ちなくても、なんとなく亀と言われるのは嫌だなーと思っていても、それは違う!と異議を唱えることなできなかった。反抗期はなかった。

今更愛していると言われても、逆効果だ。

 

 

10/13カウンセリング

 

今までで1番得るものがあったカウンセリング。自分にない、ゴールに対する考え方を知ったのと、自分がゴールを掲げてそれに突き進むタイプの生き方を常にしてきた、ということを自分で知らなかったので、客観的にみると、私はそういうタイプなんだと知った。それが当たり前と思ってきたけど、そうでない人もいるのか?

 

ゴールの定義

現状と違う場所にある最終目標ではなく、 現状をぐるぐるしたところにあるもの。現状の周囲にある大小色々なモヤモヤの●を1個ずつ潰して行く感じ。潰し終わった時または、もういっか、と思った時がゴール?

 

周りに申し訳ないという感情を、吐き出してみる、説明下手ですみません!って感じに?

ありがとうという感謝の言葉に変える。

 

同僚と比べて、自分の方がお荷物だと感じている。先があるから。今までの貢献度が違う。抱えてる問題も私はちっぽけだけど、佐藤さんは誰がどう見てもしょうがないと思う。

 

 

10/20カウンセリング

 

思い出す情景や光景を書く、

誰に何を言われたか言動を書く

 

今の職場はこうこうこういうところが良くて、以前と比べて精神的な負担が殆ど無くなり、働きやすいです。子育てとの両立の面でも、締め切りに追われるようなタイプの業務がないので、急にお休みするときの心の負担も軽くなるのと、社内の仕事を黙々とやるような作業の方が、自分に合ってるように思います。

ただ一点気になるのは、会社として私に求められているのは、貿易なんじゃないか…というところです。後ろめたさというか、申し訳なさを常に感じています。

 

母への怒りの矛先がない問題。

 

11/2カウンセリング

何か心配な出来事を前にして、心の準備をする、可能性のある相手の反応に対する回答を用意しておく、聞かれそうなことに対して。聞かれなかったらそれはそれでOK。話せた事が自信になる。上司に話せた。所属長に話せた。上手に話すことに近道はなく、何度も何度もこの小さな達成感を積み重ねて行くしかない。

 

人事に何故行きたいか、

働きやすい環境、制度的なものを作る業務に携わりたい、家庭との両立などで不安がたくさんの人のフォローをしたい。

 

計数管理に何故興味があるか

黙々とやってる作業は自分に合そう。人と関わる事が少ないから、人間関係の悩み少なそう。

 

職場の方々や環境に恵まれて、気持ちに少し余裕が出て来た分、業務が少ないと、周りと比べて仕事をしてなくて申し訳ないなと感じてしまうことが多く悩みの種ではあるけれど、上司の話では、今年度は予想していた程、事業移管がなかったとのことで、今後は移管は多くなるだろうし、とのこと。今年度は引き続き秘書さんの補佐を丁寧にやっていって、来年度に今の業務にプラスして部としての業務があるようであれば、それと共に一生懸命やりたい。

 

上記は、所属長にキャリアのこととか聞かれたら言えばいいけど、聞かれなければそれでいい。

 

18/10/28 留学時代のブログを読んで

とにかく驚き。

何が驚いたかって、自分がこんな考える人間だったのかってこと。凄く色んなことを深く真剣に考えていた。今はやはり時間がないのだなと実感した。

それに、その時々は絶対忘れないと思っているような心に残る言葉だが、結構忘れている。もう一度見たら鮮明に思い出すけど、不意に思い出すことはなかなかできないんだな。そのためにも、日記を書くって良いことだな。

独り身って本当に時間あるな。学生って時間あるな。子なしって時間あるな。というのもひしひしと感じた。

 

留学当初から半年間の日記だったけど、鮮明に蘇ってきた。そういえばこんなことがあって、こんなこと考えていたなーとか思い出した。自分の好きなこととか、価値観とか、就活に向けてとか、一生懸命考えていて、当時の自分に感心した。何にでも正直で、ど真面目で、一生懸命で、すごいなーと。今の自分はそこまで何かに一生懸命になれているだろうか。熱量というか、外に向かうエネルギーはかなり違いそう。

子育てと仕事で、十分幸せな日々だけれども、少し寂しいというか、しんみりした気分になった。十分頑張っていると思うけどね。

子育てを終えるまでは、今の感じで毎日両立のために走り続ける感じが続くんだろうな。と思うと、当時のような時間ができるまでは先は長い。でも、今は一番子供が可愛い時期なのではないかと思う。話せるようになってきた、いわゆる赤ちゃん言葉の時期。とても可愛い…そしてママママ言ってくれるのは今が一番だろう。…と思うと貴重な今の時期を思う存分楽しもう。

 

後半半年の記録がなかったのは明らか。前半は宿題が多すぎて部屋にこもることが多かった。ひたすらインプット期間。後半はインターンも始まったり、前半の反動もあり選択する授業の難度はそこそこにして、外に出まくってた。人生における最大事件もあったけど、それによって、家族関係を見直すことができたからよかったと思う。あれがなければ、何の疑問も持たずに、昔と同じ家族関係を続けていたと思う。自分には必要ない半年だった。私の家族関係は、疑問を持つ必要があったと思う。